ダイエットサプリに頼り過ぎは注意!正しい摂取方法とは?

近年、テレビのCMやチラシなどで多く目にするダイエットサプリの広告。「これを飲むだけで○○kg痩せました」や「ウエストが○○cm細くなりました」など、まるでダイエットサプリを飲むだけで簡単に痩せる事が出来るという感じで表記していますよね。
これを見ると「飲むだけで?すごい!簡単!」と一瞬、簡単に痩せることが出来ると勘違いしてしまいますが、ダイエットサプリはあくまでも影のサポート。主役ではありません。
ダイエットサプリやダイエット食品のみでは残念ながら痩せることが出来ず、まずは規則正しい食生活やダイエットのベースがあってはじめてその効果を発揮してくれます。

ダイエットのベースとは?

痩せて綺麗になりたい、健康的な身体になりたいから行うダイエット。
ダイエットは「食事」と「運動」が基礎要素です。正しいダイエット法は代謝を上げて痩せやすい身体を作る事が重要なのです。だからと言って基本となる「食事」には特に厳しい食事制限をする必要はありません。
健康的に痩せるためには食事のバランスが重要です。ダイエット中に必要な栄養素は食物繊維、たんぱく質、カルシウムです。たんぱく質は太るイメージですが、運動をするために必要な力を作ってくれるので大事な成分です。逆に、避けたい栄養素は糖質、脂質、炭水化物です。甘味料の入ったジュースや菓子パンなどついつい食べたくなっちゃいますが控えたほうが良い食べ物でもあります。

これらのルールを守った上で取り入れたいのがダイエットサプリです。

きちんと理解した上でダイエットサプリと付き合う

そもそも何も苦労せずにサプリを飲むだけでダイエットが出来たらとてもすごい事ですよね。日々、運動や食事制限などして頑張っている皆さんもすぐダイエットサプリに頼るようになると思います。
しかし、ダイエットサプリはあくまでもサポート。確実に痩せる事が出来ると認められた成分は存在しないのです。ダイエットサプリの成分を見てみると「コレウスフォルスコリ」と書いてある事が多いのですが、このコレウスフォルスコリは脂肪分解の効果が期待されるという事で含まれています。
コレウスフォルスコリの他にも脂肪燃焼系サプリメントにはカルニチン、α―リポ酸、アミノ酸が含まれたサプリメントがあります。

「食事前に飲んでおけば何を食べても大丈夫」といったようなカロリーを抑えるダイエットサプリもありますが、これも、ただサプリを飲んだからといって安心してお肉やケーキなど思いっきり食べてしまったらその分、身体に蓄積されるのは当然のことです。せっかくダイエットサプリを飲んだからといって食べたものがゼロになるなんて都合の良いことはまずありません。
油断していると逆に太ってしまうのです。

このようにダイエットサプリはお守りのようなものでダイエットサプリを飲んでいるから大丈夫と運動を怠けてお菓子なども好きなだけ食べてしまえば痩せるどころかだんだんと太っていきます。そして、まだ効果が出てないだけなのかと勘違いし、更にダイエットサプリを続けるなど悪循環になっていくのです。 あくまでもダイエットサプリはサポート。日頃から自分もしっかり意識を持つことが大切です。

まとめ

ダイエットサプリは過剰摂取してしまうと、健康にも悪影響を及ぼす可能性がある為、1日の摂取量をしっかり守ることが大切です。サプリメントなので人によっては身体に合わず副作用を起こす場合もまれにあります。その副作用とは主に食欲不振、下痢、吐き気、頭痛などがあります。
無理をせず、身体に合わない場合はすぐにやめましょう。
またダイエット食品に置き換えダイエットというものがあり、食事をそのダイエット食品のみで済ませると言ったものですが、これは栄養が十分に摂れずに身体にとっては栄養不足となるので健康に良くありません。

ダイエットサプリやダイエット食品だけで楽して痩せようと思っても効果はなく健康にも良くはないので栄養バランスをしっかり考えた規則正しい食事にサプリをプラスして程良く摂取していくことをおすすめします。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る